膠原病患者が感じたステロイドパルス後の6つの体調変化 :筋炎生活

人気ブログランキングへ
ブログランキング にほんブログ村へ

色々手を変え品を変え…

[入院記録見出し] ※鋭意作成中
免疫グロブリン投与 1回目 (入院期間: 2016/04/14-05/05)
免疫グロブリン投与 2回目 (入院期間: 2016/07/09-07/31)
・ まさかの緊急入院記録 8月 (入院期間: 2016/08/05-08/31)

血糖測定記録

この記録が後々役立つワケでしばらくお付き合い下さい。

本日の結果
朝食前の血糖値: 73
朝食後1時間値: 123
昼食前の血糖値: 112
外食後1時間値: 146
夕食前の血糖値: 130
とこんな感じになりました。

本来なら3回の測定でいいんだけど、
イレギュラーな数値が出た場合、
追加で測定の指示出てるため別途測定してます。

ステロイド性の糖尿病っていうことは考えずにやって大丈夫そうねー。

ステロイドパルス後の体調変化

あくまでもワタクシが感じたって話なので、
誰もがそうなるワケじゃない点ご了承をば。

7/10-7/12の3日間実施したステロイドパルス(1000mg/日)後だけど、
ざっくりこんな感じ(毎日書いている気はするが知らん)
  1.  肩、腕が明らかに動かない
    何か作業することが結構大変。
    手首から先は全く問題ないので、PC作業等は問題ない。
    しかし車椅子からの移乗は地獄。

  2.  亜脱臼がパワーアップし、とにかく肩がずれまくる
    1の内容と重複するんだけど、何かやるとすぐに肩がずれる。
    これが実は一番問題かも。
    昨年のステロイドパルス時は手が痺れて
    腕が使えなかったけど、今回は肩がずれて腕が使えない。
    自分にとってはこの辺が鬼門か?

  3.  首はちょっと起こせるようになってきた
    背もたれ無しでも首が起こせそうな感じ。
    実際に首を起こしてもらうのはステロイドパルス前より軽介助になってる。
    この点は非常にポジティブな影響。

  4.  口、喉の吸引力が気持ちパワーアップ
    これもポジティブな影響。
    麺類がすすれるようになっただけで格段の進歩。
    しかし葉物は飲み込みに苦戦するので要観察。

  5.  20時以降水分とらないのに夜間尿の回数が増えた
    21-6の間で2,3回でしかも結構量も出てる。
    医師に聞いたところ、
    「そういう人もいる」ってことなので、そういうもんだという理解。
    身体が動かしにくいので排出行為キツいな…。

  6.  眠りが超浅くなった
    これは尿のタイミングと被る。
    寝つきは物凄くいいので、あまり気にしないことにする。
    ショートスリーパーになっちゃったと思えば大したことなし。
…アレだな、今まで出来てたことができなくなって、出来なかったことが出来るようになってるって話だな。

昨日食事事情について書いたけど、
[参考]筋炎生活: 血糖値に振り回されつつ、現在の食事事情のご紹介とか
正直今は出来ないことが出来るようになった方がありがたい。
腕や肩は正直どうにでもなると思うので、キニシナーイ。

3連休最終日でしたが

昨日予定してた通り「神楽坂のプリンス」の協力の下ミッション完了。
頓挫してた環境構築も無事完了。

書きかけのネタもこれで進められるぜ。

しかし一番暑い時間に外出してしまったので、
我ながらアホだなぁ…と猛反省。

色々くだらない話をして気分転換できました
このblogで書いてない重めの話もできたし、本当によかった。
(こっちゃ誰にでも話せるんだけど、聞く側のダメージがでかいの話なので人選ぶのよ…)

いつもありがとう。

人気ブログランキングへ
ブログランキング にほんブログ村へ

コメント

にほんブログ村ランキング

Popular Posts

転院してリハビリ生活中です

[PowerShell]Active Directoryにてグループに所属するメンバーを調べる方法

謹賀新年